収入明細書は専業主婦がカードローンを申し込む際必要なのか

ズバリ!専業主婦は収入明細書がいりません!

専業主婦がカードローンを申し込む際、収入明細はいりません。

真実を調べるため、直接カードローン会社に確認した所、カードローン会社10社中8社は「必要ありません」と答えました。

以下8社が確認した会社です。


そもそも収入明細書って何、なぜ必要

収入明細書は、

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 市民税・県民税決定通知書
  • 課税証明書
  • 所得証明書

上記いずれかの書類のことです。

なぜ必要かというと理由は、カードローン会社が「この専業主婦や夫に安定収入あるかな」と返済能力を確認するためと、法律上、総量規制を受けるカードローン会社は専業主婦から提出してもらう必要があるからです。


収入明細書は、ほとんど必要ない

少し細かく法律に沿って収入明細書のことを見ていきましょう。

法律上、収入明細書が必要となるのは「総量規制」が関係しています。「総量規制」は個人の借り入れ総額が、原則、年収の3分の1までですよと制限される法律です。個人向け貸付、つまり一般の主婦やサラリーマン等個人に対して融資をする際適用となる法律です。

また、賃金業者が個人に50万円を超える融資を行う場合。他の賃金業者を含めた貸付総額が100万円を超える場合。この2つのケースも申込者から収入明細書を提出してもらう必要があります。

銀行はこの総量規制は適用されないので、銀行系のカードローン会社は専業主婦に対して収入明細書が必要ない場合がほとんです。金融系のカードローン会社は総量規制が適用されます。いわゆるプロミスやアコム等の金融系カードローン会社です。専業主婦がアコムやプロミスでお金を借りる場合、50万円を超える額を借りようと思うと、収入明細書が必要になります。専業主婦が銀行系カードローン、みずほ銀行カードローンやセブン銀行等からはいくらお金借りても法律上、収入明細書が必要ありません。だから、現在、カードローン会社のほぼ全てで専業主婦の方に収入明細書を提出してもらう必要がないのです。


次のページはから〜知って得する、専業主婦カードローンの豆知識〜

前のページはは



専業主婦の方初めての方はこちらの記事から順番にお読み下さい。
最初から読んで頂くと、読み終わった後には全ての疑問が解決します。

〜専業主婦カードローン解体新書!悩みをズバリ解決〜