キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンの違いは無い

「キャッシングとカードローンって何が違うの?」と、専業主婦の方で疑問に思われたことがある方はいませんか?「キャッシングとカードローン??」パッと聞いただけでは分かりにくいですよね。「キャッシングとカードローンって一緒じゃないか」というイメージさえ持ってしまいます。

結論から申し上げると「キャッシングとカードローン」の意味は一緒です。キャッシングもカードローンも、お金を借りること。意味は一緒です。恐らく大半の方は「キャッシングとカードローンの違い」に関して、「金利の違い」「借りる方法の違い」「ブランドの違い」など、「なんとなく」のイメージを抱いているのではないかと思います?残念ながら言葉の意味が一緒なので「キャッシングとカードローンの違い」は無いのです。

では、何が違いなのでしょうか?詳しくみていきましょう。

カードは大きく3種類

そもそもお金に関する「カード」は日本に何種類位あるのでしょうか?まずはどんなカードがあるのか、全体感を把握していきましょう。

現在、日本でお金に関するカードと呼ばれる種類は大きく分けて3種類です。

  • 銀行等のキャッシュカード
  • VISA,マスターカード等のクレジットカード
  • アコム、プロミス等のローンカード

この3種類それぞれの使用目的は

  • キャッシュカードは銀行に預金したお金を引き出すためのカード
  • クレジットカードは買い物をしたお金を口座から支払うためのカード
  • ローンカードは現金を借りる時に使用するカード
となります。


つまりキャッシングはお金をかりること

キャッシュカード、クレジットカード、ローンカードそれぞれにキャッシングという単語をつなぎ合わせてみると下記の様な表現になります。

・銀行からお金借りることをキャッシュカードからキャッシングする。
・クレジットカードからお金を借りることをクレジットカードからキャッシングする。
・カードローンからキャッシングすることを、カードローンでキャッシングする。


つまりキャッシングは銀行や、クレジットカード会社、カードローン会社からお金を借りるという意味になります。

クレジットカードとカードローンの違い

キャッシングとカードローンがお金を借りるという意味で一緒であれば、クレジットカードとカードローンは何が違うのでしょうか?

実は、カードの利用目的が違います。

クレジットカードはショッピングともいわれ、買い物した時にクレジットカードをレジで提示すればお支払いができます。カードローンは買い物した時にレジで提示してもお支払いはできません。

つまり、買い物をする時に現金がなくてもお金を支払えるのがクレジットカード。買い物をする時に現金が足りないからATMからお金を引き出し支払うのがカードローンということになります。

いかがでしょうか?キャッシングとカードローンにはこうした違いがあったんですね。


次のページは
  • 即日発行できるカードローンを手にいれる方法

前のページは

専業主婦の方初めての方はこちらの記事から順番にお読み下さい。
最初から読んで頂くと、読み終わった後には全ての疑問が解決します。

〜専業主婦カードローン解体新書!悩みをズバリ解決〜